So-net無料ブログ作成
検索選択

わたしは将棋にめっさ詳しいオンナ [これいい!お役立ち]

将棋は、日々進化しています。

昨日通用していた一手が、明日には通用していないかもしれない。

最善の一手の追求は、日を問わずに行われています。

そんな世界に飛び込んだ!でも、どうすればいいの?

そんな初心者の方は必見、上級者の方も見る価値ありですよ[グッド(上向き矢印)]




普通の生活をしていて、将棋と関わる機会というのは、

どのくらいあるでしょう?


syougi.jpg
this photo from frickr (Vibragiel)


全然興味もない人、

小学校の時にクラスでちょっとしたブームになって遊んだ人、

親戚のおじいちゃんがやっていたという人

色々な人がいるでしょう。



でもその中で、本格的に将棋の勉強をしたことがあるという方は、

少ないのではないでしょうか。



これから将棋を始めようと思っている人の中にも、そういう人はいるのではないのでしょうか。



まず何からはじめればいいのか、


どう勉強をすればよいのか。



悩める初心者、必見ですよ!!





まずは対局して見ましょう!



まずは実際に、将棋場で将棋の対局を見たり、さしたりするのがいいでしょう。

将棋場とは? http://shogi1banboshi.jp/d01shogiba.html


地図で、近場の将棋が指せるお店を探してみましょう。


将棋サロン、将棋クラブなど、色々な名前のお店が存在します。

囲碁を打つ「碁会所」でも、将棋ができる店もあるかもしれません。



店が近くになくても、近所の集会場で将棋を指している所があるかも知れません。



一人で行くのはちょっと……という人は、将棋が指せる友達に誘ってもいましょう。





それらの場所に集まる人は当然、将棋好きで、将棋に詳しい人ばかりです。


ここがわかんない、こっちのがいいんじゃないか……


どんな些細な悩みでも、優しくアドバイスしてくれる人がほとんどです。




そこで将棋を指し、アドバイスをもらって解決する。そしてまた対局をして……
その繰り返しが、上達法への近道です。




人口は10万人以上!ネット将棋



近くに指せる場所もないし、将棋が指せる友達もいない。

店にいる人は強い人ばかりでちょっと……


そんな人も安心してください。今はネットでも、将棋を指すことができます。




今やネットの将棋人口は、10万人以上[わーい(嬉しい顔)]


初心者の人から上級者、中にはアマチュアに混じって、プロも指していると聞きます。


ですので、初心者の方から上級者の方まで、気軽に対局することができます。


degital.jpg


パソコンでなくても、家庭用ゲーム携帯でも対局することができます。


人と戦うのが苦手という方は、まずコンピュータの一番低いレベルから対戦していき、

少しずつ段階をあげていくといいでしょう。




また、コンピュータ相手の練習は、初心者以外の方にも有効です。


昔の将棋ゲームは、決して強いとは言えるものではありませんでした。


しかし近年研究が進み、将棋界のトップとも言える永世棋聖を倒した「ボンクラーズ」をはじめ、

急速に力をつけて付けいますので、上級者の方も満足のいく対局ができるでしょう[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]



有料のゲームだけでなく、無料のゲームもありますので、是非皆さん試してみてはいかがでしょうか?




寝っころがりながらでもできる勉強!詰め将棋


将棋の上達で一番重要なのは実戦です。しかし、実戦以外にもできる練習はあります。


定跡研究、棋譜並べなどなど……


その中で一番重要ともいえる勉強法は、詰め将棋です。

詰め将棋 http://shogi1banboshi.jp/d04tsumeshogi.html


なぜ、詰め将棋がいいか。

定跡研究というのは文字通り、定跡の研究をします。

しかしこれは、定跡を暗記するだけになる危険性があり、

考える力を疎かにする、という危険性が出てきます。


棋譜並べは、高段者や自分の棋譜を並べ、良かったところ・悪かったところを研究します。

しかしこの練習は、ある程度の実力がないとなかなか上手く勉強できない上、時間がかかってしまいます。



しかし詰め将棋は、詰め将棋の本と駒の動きがわかっていれば、

布団に寝ながらでもできる勉強法です[るんるん][るんるん]


そんな気軽にできる勉強で、一番重要な力といえる、考える力を身につけることができます。



また、将棋は相手の王将を逃げれなくする「詰み」状態に持っていくことで勝利することができます。


その詰みに持っていく終盤戦の力が身につくことは、実戦に勝つための重要な力といえるでしょう。



上記で、いくつかの練習法を紹介しました。


プロを目指すような人であれば、あえて苦手な勉強をするのもひとつの手でしょう。




しかし、そうでない一般の人が、苦しい勉強をしても、将棋が嫌いになるだけです。


将棋が嫌いですと、練習成果も上がらないでしょうし、将棋自体をやめてしまうかもしれません。




つまり、一番の上達法は、

将棋が好きである

ということだと思います。




皆さんに合った、楽しい練習方法を探してみてください。
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。