So-net無料ブログ作成

大腸内視鏡検査、やっちゃいます。 [健康]

わたくし、体が丈夫なことがたった唯一の取り柄なのに、お腹の調子が悪くなって、しかもそれがめずらしく困ってしまうほどだったので病院へ行ったら、大腸の検査をすることになってしまいました。

最近、便秘がひどくなってトイレに時間がかかり、しかも痛くてしょうがなかったり、はたまたげり気味でお腹が痛くて冷や汗だらだらになったりと、お腹の調子がとても悪くてまいっちゃってまして、少し悩んだのですが、恥ずかしい気持ちをぐっとこらえて病院へ行くことにしたんです。

診察して、祖母と母ががんを患っていたことがあることも考慮して心配なら精密検査を受けることを進められました。
ので、『わかりました』とは言ったものの、その日はムリだったので日程をあらため解放してもらいました。
正直整腸剤か漢方が処方されて終わるものだと思っていたので、戸惑っています・・・というか、何大腸内視鏡て!
腸のがんとか、あるかもって話なんですかね?
本当ならその場で医師に質問するべきなんでしょうが、わたくし頭の回転がおっそいので、質問がポンポンとでてこないんです。で、あとから(大抵、家に帰ってから)『はっ?!どうゆうこと?!』という状態になること多々ありなんですね。

それよりなにより怖いわ~・・・。
がんかどうかよりも正直目先の大腸内視鏡検査のほうが怖いし、他人にもいいずらいので検査が怖い不安を今のところここでしか吐いていません。

ところで内視鏡って、胃の検査のイメージがあります。バリウムを飲まなくていいけどカメラが苦しいとかいう胃カメラがそれですよね。もしや大腸もバリウム時代があったのか?なんていう変な疑問がでてきたので、インターネットで調べてみたら、あったんですね~。大腸検査バリウムバージョン。
『バリウムバージョンに比べれば内視鏡のほうがいいかもしれない』と、変な納得をしてから、今度は大腸内視鏡検査を検索。

私が見たのはそれこそ大腸内視鏡についてのドストライクな『腸で困ったら読むページ』だったのですが、やっぱアレですね。大腸内視鏡検査は大腸がんの早期発見のためにとってもイイみたいですね。
おおまかな検査の流れも書いていたので、『よくわからない不安』がインターネットを見て少しは解消されたような気がします。わたくし、自分の腕に刺される注射針を凝視する体質なので、ギャーギャー騒いでいても、その検査がどんなことをするのかって分かれば大人しくなったりするんです。

ちょっとパソコンいじっただけなのにその前と後じゃ気持ちの余裕が全然違いますね。
都合により、検査は再来週にしてもらいました。

が、がんばってきます・・・。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。