So-net無料ブログ作成
検索選択

中小企業の運命を左右する!診断士はこんな業務を担っています。 [資格]

的確な診断とアドバイスであなたの会社を救います。

物事を多角的に見ることができ、冷静な分析力・判断力・行動力を備えた中小企業診断士に出会えた企業は幸運であろう。また、これから起業を考えている方も是非、こういったスペシャリストの助言を受けてみてはいかがだろうか。

中小企業診断士.jpg

コンサルタント。
なんだかインテリな雰囲気をビンビン感じる響きである。

実際そうなのです。
響きだけではなく本物のインテリジェンスが必要とされる職業がコンサルタント。
さまざまなコンサルタント業の中でも国家資格に認定されている
(中小企業診断士)
こちらは(キッチリ仕事いたします!)と折り目正しい印象を受ける響きです。

この中小企業を診断する人の仕事は豊富な知識とコミュニケーション能力、
決断力、分析力、冷静な判断力が必要とされる。
経営診断をして、その診断に基づき事業の提案を行う。 
いわば企業のお助けマンです。

身近な場所でこんな一例がありました。

宿泊業を営むある企業が、経営再建のため、ある中小企業診断士を雇いました。
しかしこれまでの既存のやり方、考えにこだわる現場の人間がいます。
アドバイスを受けるために雇っているのに(こっちは雇ってやっている、生意気な) と勘違いの姿勢で挑むように反発姿勢を崩さない支配人。
支配人である自分の采配で窮地を脱し、株をあげてやろうと足掻いたものの・・・
結果は出せず、結局、遠くへ飛ばされる羽目に。(転勤)

代わりに支配人へ就任した人は謙虚に素直にアドバイスを聞きいれ、
時には自分の意見もハッキリ伝え前向きに相談する協力体制のもと、
見事に業績をあげ診断士共々、社内での評価を高めた。

どうでしょう?

時には、こういった(俺が!オレが!)という従業員を相手に淡々と事を進め
結果を出さなければならない大変さがあるのです。
しかし、その後に企業にもたらす利益は高く評価されます。
上記の診断士の方は宿泊業のコンサルタントでしたが、飲食業や旅行者の動向など
さまざまな視点から的確なアドバイスを展開し(企業)と(企業)、
(人)と(人)をつなぎ、上手に周りを巻き込み新たなものを生み出す天才でした。

資格を有している、というだけではなく、
こういった資質も重要な職業であることは間違いないだろう。

中小企業診断士の窓口
http://chushomado.com/
中小企業の経営や経済に関するプロとして診断・相談・提案・指導をおこなう業務を担う中小企業診断士。コンサルタントと一言でいっても業務の中身は一企業の運命を左右する重要な役割を果たすもの。具体的な業務内容や診断士を目指す人が知りたい国家試験合格率など情報が満載です。

中小企業診断士の仕事内容
http://chushomado.com/a02shigotonaiyo.html
そもそも中小企業診断士ってどんな現場でどのような仕事をしているの?漠然としたイメージしか湧かない人も多いのでは?実際に取り組んでいる業務内容をわかりやすく解説しています。

こんな人が向いている
http://chushomado.com/a03muki.html
国家資格を取得している人=デキる人とは限らない。職業によって適正な資質が求められるのはどんな職業でも共通しますがコチラでは(中小企業診断士)に的を絞り向いている資質について解説しています。

難易度 合格率について
http://chushomado.com/c02nanido.html
中小企業診断士になりたい!そんな人に受験者統計から合格率と難易度を紹介する。また、受験する際の勉強のコツや他の士業の国家試験合格率との比較など中小企業診断士を目指すうえで必要な知識を得ることが出来ます。
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。